Clever Apple English

海外大学、大学院留学を目指す方のための英語

MENU

ネットフリックスの英語学習の効率アップ! 'Language Reactor'

こんにちは!Clever Appleです!!

 

今日は私が英語学習に利用しているNetflixの学習効率を高めるグーグルの拡張機能'Language Reactor' についてご紹介します!

 

 

 

f:id:Cleverapple:20220109121240p:plain

 

 

■この記事のまとめ■
・Language Reactor の英語学習に使える二つのメリット、「英語字幕と日本語字幕の同時表示」「辞書機能」についての記事です。

Netflixを利用して英語学習をしている方、しようと考えている方にぜひ読んでいただきたいです。

 

 

 

 

私が利用しているNetflixで使えるグーグルクローム拡張機能'Language Reactor' とは、旧'Language learning with Netflix'の現在のバージョンであり、今や私の英語学習に欠かせない機能となっています!

 

この記事では、英語学習に使える、この機能の二つのメリットについてお話したいと思います!

 

 

 1. 英語と日本語字幕の同時表示ができる!

 
まず、Language Reactor の一番大きなメリットはなんといっても、「英語と日本語字幕の同時表示ができる」ということです!

 

 

ネットフリックスの洋画や、英語のテレビシリーズを利用して、シャドーイングや多聴の勉強をする際、よく言われるのが、

「何度も同じ映画を日本語/英語字幕で観て、内容を理解しながら学習する」

 

というものです。

 

確かに、効率的な英語学習のためには、スクリプトを十分に理解している必要があり、その理解のためには、同じ映画を繰り返し観ることは欠かせません。

 

 

しかし、その勉強法を実際に実践してみて気が付いたことは、個人的に、

「どんなに好きな映画でも、何度も観るのは飽きてしまう」

ということです。

 

これは、私だけかもしれませんが、何度も繰り返し同じシーンを観ることで英語学習が退屈なものになり、「好きな映画や俳優を観て楽しく学習する」という映画での英語学習の一番のメリットを損なってしまっている気がします...

 

 

そこで私が利用し始めたのが、友人に教えてもらった、'Language Reactor'です!

 

この機能を使うと、上に書いたように、英語と日本語の字幕を同時に表示することができます!

 

こうすることで、「日本語字幕で映画の内容を理解したあと、英語字幕で学習する」という二度手間がなくなり、純粋に映画を楽しみながら、英語学習をすることもできます!

 

「何度も観ないといけない」という面倒くささからの解放は、ネットフリックスによる英語学習をもっと手軽で、始めやすいものに変えてくれると思います!!

 

 

 

 

 2. 辞書機能について

'Language Reactor' の二つ目のメリットはその「辞書機能」についてです。

 

 

洋画を観ていると、知らない単語に出会うことがよくあると思います。

 

私は、スマホNetflixを利用していたころ、知らない単語があるたびに、Netflixを閉じて、グーグルで調べる、または、日本語字幕を見て新出単語を学習していました。

正直あまり効率的ではありません...笑

 

 

しかし、Language Reactor を利用すると、字幕の単語にカーソルを合わせるだけでその単語の日本語での意味を知ることができ、わざわざ調べる手間が省けます!

 

ただし、熟語などは対応していないようなので、それらについては調べる必要があります。

 

 

'Language Reactor'のすごいところは、原則パソコンでしか利用できないものの、無料で利用できるというところです!!!!!

 

まだ利用していない方は、一度使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 3. おまけ

 
最後におまけとして、最近観た、面白いと思った映画、シリーズをご紹介して終わります!
 
1.「世界の"今"をダイジェスト」
 
「カルト」「DNA編集」「おとぎ話」など様々なトピックを20分間で簡単に解説してくれています。
2022年現在、44のトピックがあるので、ご関心のあるテーマを見つけられると思います!
 
2. 「ターミナル」
ティーブン・スティルバーグ監督、トム・ハンクス主演の映画です。
ある男性が、ニューヨークのJFK国際空港に到着した際、彼の祖国がクーデターで消滅してしまい、帰ることができなくなった彼が始めた空港での生活についての映画です。
 
海外旅行から成田空港に帰ってきたときの安心感を思い出したり、「国」という概念について考えさせられる映画でした。
 
3. 「ビハインド・ザ・カーブー地球平面説ー」
 
現在でも、地球が球体ではなく、平面であると本気で信じている方々をピックアップしたドキュメンタリー作品です。
 
「世界にはいろんな考えの人がいるなあ」、「こういう考えもできるのか」と勉強になった、興味深い作品です。
 
 

 4. まとめ

・今回は、Netflixでの英語学習を効率的にするグーグルクローム拡張機能、'Language Rector'についてご紹介しました!

・オススメの映画があればぜひ教えてください!!
 
 
楽しい英語学習を!!!

 

Study abroad diary④ University application

Hi! I'm Clever Apple!!

 

Today, I will write about my study at Wollongong university in Australia.

 

Today's topic is about 'University application'.

 

 

f:id:Cleverapple:20220104174455j:plain

 

 

After IELTS, I chose the university where I study TESOL.

 

About my IELTS experience, please check the articles below.

 

 

■Please also see this!■

 

 

First, I'll explain why I decided to study abroad in Australia.

 

The reasons are

①The time difference between Japan and Australia is only 2 hours

②Australian English is spoken in Australia

③The tasks are not so demanding (probably)

 

 

 

Firstly, there is only time difference of 2 hours between Japan and Australia.

 

I wanted to keep in touch with my family and friends, so Australia is a good choice in terms of the time difference!

 

 

 

The second reason is that Australian English is spoken.

 

I was planning to study abroad in the UK in the first place, because I prefer British English to American English.

 

However, I though Australia is better, considering the time difference and the task of the university.

 

Australian English is similar to British English and this is one of the reasons I chose Australia.

 

 

The third reason is that I heard the tasks of the Australian universities are not so demanding.

 

This motive is impure, but when I consulted with a respected professor, she told me that the tasks are not demanding.

 

In American and British universities, you have to take part in workshop at university and write a graduation thesis.

However, in the course I am studying, we don't have to write a thesis.

 

Even so, I had difficulty in keep in up with the classes... (I will write about it in the future)

 

 Apart from the reasons above, I wanted to swim in the beautiful ocean in Australia, and learn about the multiple culture.

 

In this way, I chose Australia!!

 

 

 

 

Next is about the university where I study TESOL.

 

I consulted with a study abroad agency, and it recommended 3 universities: 

①Deakin University

②Macquarie University

③Wollongong University

 

 

I chose Wollongong university from the options because

①It takes only a year and a half to graduate

②The university is famous for TESOL

③I was partly exempted from tuition

 

 

First, it usually takes 2 years to take a master's degree, but in the course of Wollongong university, it takes only 1.5 years.

 

I will take an exam for a teacher recruitment and  have to study for that, so the fact that I can graduate early is a great merit for me.

 

 

 

Second, I heard the quality of  Wollongong university's TESOL course is  high and I thought I could study about education and English deeply.

 

 

In the course, you can learn not only about theory but about practice, so it must be fun and practical for you.

 

 

 

The last reason is I was partly exempted from tuition.

 

My GPA of the Japanese university was 3.4 and I got an exemption of about 1 million yen!

 

I was not such a high achiever, but I was exempted from the partial tuition fee.

 

 

I don't know about the clear criteria, but if you are a university student, you should get as high a score as possible.

 

 

 

They are the reasons I chose Australia and Wollongong university.

 

 

I will write about University of Wollongong college in the next article!

 

 

I am sure you will have a great experience through your studying abroad!!

 

 

 

 

オーストラリア大学院留学体験記④ 出願編

こんにちは!Clever Appleです!!

 

今日は私の留学体験記について書いていこうと思います!

 

4回目の今回は、「出願」についてです!

 

f:id:Cleverapple:20220104174455j:plain

 

IELTSの受験が終わった私は、同時に進めていた出願の手続きの中で、志望校を決定します。

 

私のIELTS受験については、過去の記事をご覧ください!

 

 
私は、最終的にオーストラリアを留学先にすることを決心するのですが、その理由のいくつかを説明したいと思います。
 
その理由は、①日本との時差が少ない ②オーストラリア英語が使われている ③課題が楽 (らしい)
 
 
まず、一つ目の時差についてですが、日本とオーストラリアの時差は、わずか2時間しかありません!
 
友人や家族と頻繁に連絡を取りたいと考えていた私は、イギリスやアメリカなどと比べて時差が少ないオーストラリアは特に魅力的でした!
 
 
 
二つ目の理由は、オーストラリア英語が使われていることです!
 
もともと、アメリカ英語よりも、イギリス英語の発音が好きな私は、イギリスへの留学を考えていました。
しかし、時差が大きいことや、あとに述べる課題が大変(らしい)ことを考慮し、オーストラリアの方が、自分に合っていると感じました。
 
イギリス英語によく似たところがあるオーストラリア英語は、私にとっての基準の一つになりました。
 
これが二つ目の理由です。
 
 
 
最後の理由は、課題が楽 (らしい)と聞いたからです!
 
最後の理由はとても不純な動機ですが、大学の教授に留学の相談をさせていただいた際、アメリカやイギリスに比べ、オーストラリアの大学院は卒業するのが比較的楽であると聞き、オーストラリアを選びました笑
 
イギリスやアメリカは、ゼミに入ったり、卒論を書かなければならないらしいのですが、確かに私が学んでいるウーロンゴン大学のTESOLコースは、卒論もなく、楽かもしれません。
 
ただ、それでも私にとっては、とても苦しい期間がありました...... (また後日記事にします。)
 
 
他にも、治安がいい、オーストラリアの綺麗な海で泳ぎたい、多文化国家の中で、色んな文化に触れたいなどの理由もありました。
 
 
という訳で、私は、オーストラリアを留学先に決めました!!
 
 
 
 
次に、大学院選びについてです。
私は、ある留学エージェントを利用させていただき、留学準備を進めていたのですが、そのエージェントに勧められたのが、①ディーキン大学 ②マッコーリー大学 ③ウーロンゴン大学でした!
 
 
ディーキン大学とマッコーリー大学にも出願したのですが、ウーロンゴン大学を選んだ決めてとなったのが、
 
①1.5年で卒業できる ②教育学に強い ③学費が一部免除になった 
からです。
 
 
①の留学期間についてですが、通常、卒業するまでに2年かかる修士を、1.5年で取ることができるというのは、とても魅力的なことでした。
 
卒業後に教員採用試験を受験する予定の私は、試験勉強のための時間を確保したかったため、「早めに卒業できる」というのは大きなメリットの一つでした!!
 
 
 
次に、②の教育学について、ウーロンゴン大学は、英語教授法(TESOL)に力を入れている大学と聞き、本格的に教育学を学びたかった私には、ピッタリの大学でした!
 
どんな授業を受講しているかは、また他の記事で言及しようと思っていますが、理論だけでなく、実践についても学ぶことができ、勉強していてとても楽しいです!!
 
 
 
最後に③の学費については、私は、30%の学費 (約100万円)の免除をすることができました!!
 
この免除の理由は、通っていた日本の大学のGPAが、3.4程度で、成績優秀者として、授業料が免除されたのです!!(ドヤ笑笑)←すみません、調子に乗りました...
 
 
私は、特別成績が良かったわけではないのですが、授業料の一部免除を受けることができました!
 
明確な基準は分かりませんが、現在大学生の方は、GPAを頑張って取っておいて損はないと思います!

 

 

 

これらが、私が留学先に、オーストラリア・ウーロンゴン大学を選んだ理由です!

 

 

次は、「留学準備コース」についてお話したいと思っています!

 

 

皆さんの留学が素晴らしいものになりますように!!

Interesting etymologies of English words① 'Food'

Hi! I'm Clever Apple, and I wish you a Happy New Year!!

Today, let's learn about some English etymologies of foods.

 

 

f:id:Cleverapple:20220101133455j:plain

 

 

■Outline■
・This article is about 'Interesting etymology of some foods'.

・Please read this if you are interested in English etymology!
 
 

 1. Hot dog

 
 
First English etymology is 'Hot dog'.
 
 
I guess some people have thought about the relationship between dogs and hot dogs.
 
 
According to Saito (2003), hot dogs have roots in frankfurters from Germany, and were named dachshund sausage and started to be sold around a baseball stadium in New York in 1850s.
 
 
One day, when a painter drew on a billboard, he couldn't remember the spelling of 'dachshund', so he wrote 'Get your Hot Dogs!' on the board (Saito, 2003). 
 
In this way, it is said that hot dogs come from a billboard.
 
 
I felt an affinity with American people, when I knew not only Japanese English learners but Americans also misspell haha.
 
 
I personally prefer 'Hot dogs' to 'dachshund sausage'!
 
 
 
 

 2. Marmalade

 
The next etymology is 'marmalade'!
 
 
As Bekku (2004) says, the word 'marmalade' comes from a Portuguese word 'marmelo' (the meaning is Chinese quince), so 'Orange Marmalade' is a wrong expression.
 
 
I had thought that all of jams made of citrus fruits are 'marmalade jam'....
 
 
 
 

 3. Flour

 
The last one is 'Flour'!
 
 
The sounds of 'flour' and 'flower' are same, so I guess some people have thought that there is a relationship between the 2 words.
 
 
According to Weekely (1987), a word flower meant 'glamour and best things', so flour was named 'flour', because it is 'the best powder'.
 
 
Flour is used in various ways, such as for making pasta and bread, so it is certainly the best powder for people!!
 
 
 
At the end and the beginning of a year, I eat a lot of foods and put on weight...
Be careful of eating too much food and have a great year!!
 
 
 
 4. Summary
 
・This article is about etymologies of 'Hot dogs', 'Marmalade' and Flour'.

・Please tell me if you know some interesting etymologies!!
 
 
Reference list

Bekku, S. (2004). Hushiginokuninoarisuwoeigodeyomu. Iwanami bunko.
Saito, H. (2003). Supotsudetanoshimuamerikaeigo. Iwanamiakuthibu shinsho.
Weekley, E. (1987). The Romance of Words (4th ed). General Books.
 
 
 
Have a great year :)
 
 
 
 
 
 

 

面白い英語の語源集①「食べ物編」

新年明けましておめでとうございます!Clever Appleです!!

 

去年(2021)年は、IELTS対策や留学体験記の記事を中心に、個人的に面白いなと思った英語についての知識を共有しました!

 

今年も、もっと英語が好きになるような記事を書いていけるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

2022年最初の今回は、「興味深いと思った英語の語源 (食べ物)」についてです!

 

f:id:Cleverapple:20220101133455j:plain

 

 

■この記事のまとめ■
・食べ物の英語名、「ホットドッグ」「マーマレード」「フラワー (小麦粉)」の語源についての記事です。

・英語の語源に興味がある方は、ぜひ読んでみてください!
 
 
 

 1. 語源①「ホットドッグ」

 

まず、最初の語源はみんな大好き「ホットドッグ」の語源についてです!

 

 

「ホットドッグは知っているけど、犬と関係あるの?」などと思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

 

 

斎藤(2003)によると、ホットドッグは、ドイツの「フランクフルト・ソーセージ」をルーツとし、「ダクスフンド・ソーセージ」と名付けられ、1850年代後半からニューヨークを中心に野球場で売られるようになったそうです。

 

 

そして、あるペンキ屋さんがスタジアムのビルボードを描いていたところ、'dachshund' (ダックスフンド)のスペルが分からず、看板に'Get your Hot Dogs!'と書いたことが由来となっている(斎藤、2003)そうです!

 

 

アメリカ人も、正しいスペルが出てこないことを知ると、親近感がもてますね笑

 

個人的には、「ダクスフンド・ソーセージ」よりも「ホットドッグ」の名前のほうが気に入っています笑

 

 

 

 2. 語源②「マーマレード

 

次の語源は、ジャムのマーマレードについてです!

 

 

別宮(2004)によると、マーマレードという言葉は、「マルメロ」(日本名のカリン) からきたポルトガル語であるため、厳密には「オレンジのマーマレード」というのはおかしいそうです!

 

 

私は、かんきつ類で作るジャムは、全てマーマレードだと思っていました...笑

 

私は、マーマレードの苦みが少し苦手で、トーストにははちみつをかけるのが好きです笑

 

 

 

 3. 語源③「フラワー (小麦粉)」

 
最後の食べ物の語源は、フラワー (小麦粉)についてです!
 
 
英語で小麦粉をflourと言い、flower (花)と発音も同じであることから、「紛らわしいけど、関係あるの?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
ウィークリー(1987)によると、flower (花)はもともと、「最上のもの、華」を意味しており、そこから転じて、「粉の中でも最上のもの」であることから、flour (小麦粉)と名付けられたそうです。
 

確かにうどん、パン、お菓子作りなどに欠かせない小麦粉は、人々にとって「最高の粉」かもしれませんね!!

 

 

 

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始、みなさんも食べ過ぎには気を付け、良いお年をお過ごしください!

 

 

 

 4. まとめ

・今回は、面白いと思った英語の語源、「ホットドッグ」「マーマレード」「小麦粉」についてご紹介しました!

・面白い英語の語源がありましたら、ぜひ教えてください!!
 
参考文献

アーネスト, ウィークリー著、寺澤 芳雄、出淵 博訳『ことばのロマンスー英語の語源ー』(岩波文庫、1987年)
斎藤 文彦『スポーツで楽しむアメリカ英語』(岩波アクティブ新書、2003年)
別宮 貞徳『「不思議の国のアリス」を英語で読む』(ちくま学芸文庫、2004年)
 
 
 
今回ご紹介した中でも、別宮さんの本は語源だけではなく、『不思議の国のアリス』の世界の考え方や、なるほどと思う英文法も学ぶことができます!
 
ぜひ読んでみてください!
 
 
 

 
楽しい英語学習を!!

3 strategies for getting Band 6.0 on IELTS Reading

Hi! I'm Clever Apple! I got Band 8.0 on IELTS Reading and I'm studying Master of Education (TESOL) at Wollongong university in Australia. 

 

Today, I will tell you some tips to improve your reading score band effectively and efficiently.

 

 

f:id:Cleverapple:20211229144523j:plain

 

 

■Outline■
This article is about 'How to get Band 6.0 on IELTS Reading, which is required to meet to enter many Western universities.

・The strategies are ①Understand the question format ②Read through the whole scripts ③Start a timer, read the script 3 times, and write some expressions you don't know on your wordbook.
 
 
 
 

 1. Understand the question format

 
 
Firstly, it is important to know the question format to get a high score on reading.
 
This can be applied to any tests, and without knowing the format, you can't study efficiently.
 
 
Many bloggers and books explain about the pattern, and you can learn that by yourself through reading the scripts, I will skip the details.
 
 
 
Once you have understood the test format, you should buy or borrow some books about IELTS.
 
My recommendation is 'IELTS 16 Academic Student's Book with Answers with Audio with Resource Bank (IELTS Practice Tests)'.
 
 
 

 
 
This is official IELTS book published by Cambridge English.
 
As I mentioned before, I didn't have money to buy those books, so I went to the university library and borrowed almost all of the books and read them.
 
 The contents of the articles in IETLS were interesting for me, so I read them with fun.
 
 
Through reading a lot of articles in books, you can strengthen your background knowledge about various topics. Thus, if you cannot understand the sentences in English, you can answer the questions with your background knowledge.
 
Reading a variety of articles have many merits to improve your reading skills.
 
 
In the next section, I will explain 'how to use the materials'.
 
 

 2. How to use the books

 
 
The next step is to solve the questions in the books.
 
 
The 3 steps for reading are
 
①Solve the questions
②Look up some expressions and words you don't know in the dictionary and understand the article
③Review what you learnt through 3-times reading.
 
 
 
 
In terms of the first step, I personally recommend 'Read all of the sentences'.
 
Some people claim that 'You shouldn't read all of the sentences, because you don't have enough time to read them. You should learn scanning and skimming and just read some important parts.'
 
 
However, I don't agree with this idea, because you have to read all of the sentences to answer 'TRUE, FALSE, and NOT GIVEN' questions.
 
You can find the parts about TRUE and FALSE, but not NOT GIVEN without reading the whole script.
 
 
Rather than learning reading strategies, such as scanning and skimming, I think you should simply improve your reading speed.
 
 
As for me, I read the whole articles and I had an extra time to double-check my answers.
 
 
 
When you finish solving the questions, check the answers and completely understand the scripts in your first language.
 
Until you can understand the meaning of the sentences, you should read the articles many times.
 
 
The final step is explained in the next section.
 
 
 
 

 3. Read the articles 3 times

 
 
The final step is about how to review what you read.
 
 
 
You can review by
 
①Starting a timer and reading the script 3 times.
and
②writing some expressions and words in your wordbook.
 
 
 
First, measure the time you take to read the script 3 times. The time would be shorter as you read.
 
 
Through this practice, you can remember expressions you didn't know and you can read English sentences more quickly.
 
 
 
 
Finally, write some expressions and words you learned as example sentences  in your wordbook.
 
This is because you can remember such expressions in contexts you are familiar with, including a story you have read.
 
 
Acquiring many expressions can lead to improving other sub-skills such as Speaking and Writing!!
 
 
 
 

 4. Summary

・In this article, I introduced some tips for learning IELTS reading.

・The strategies are ①Understand the question format ②Read through the whole scripts ③Start a timer, read the script 3 times, and write some expressions you don't know on your wordbook.
 
 
 
There are also articles about IELTS, so please check them too!!
 
 
■Please also see these!■
 
 
Good luck with the exam :)

IELTSリーディング対策 バンドスコア6.0をとるための勉強法

こんにちは!Clever Appleです!!今日は、ウーロンゴン大学大学院で英語教授法を学ぶ私が、IELTSのリーディングテストで、4か月の間に、スコアを7.0から8.0に伸ばした勉強法を3ステップでご紹介します!

 

 

f:id:Cleverapple:20211229144523j:plain

 

 

■この記事のまとめ■
・IELTSのリーディングのバンドスコアを、6.0以上に伸ばすための勉強法についての記事です。

・IELTSだけではなく、英検やTOEICなど、他の英語試験の学習にも応用できる内容となっています!
 

 1. リーディング対策のための準備

 

まずIELTSのリーディング対策に必要なのは、問題形式を知ることです!

 

これは、IELTSに限らず、どんなテストにも言えることですが、どんな問題が出るのかが分からなければ、どんな勉強をすればいいのか分かりません!

 

 

多くのブロガーの方や、本で問題形式について説明していて、問題をご自身で解いていただければ、問題形式はおのずと分かってくるので、ここではその説明は省きます。

 

参考までに、私が購入して、分かりやすいと思った教材を2つだけ載せておきます!

①ブリティッシュカウンシル『IELTS ブリティッシュ・カウンシル公式問題集』(旺文社、2015年)

②アンソニーアラン著、片岡みい子訳『新セルフスタディIELTS完全攻略』(株式会社ジャパンタイムズ、2013年)
 
という本です!

 

 

 

 
 
 

 
 
本などで、問題形式が理解できたら、次はIELTSの公式問題集、市販の問題集をできる限り、買う/借ります!
 
前にも少し話しましたが、私は学生時代、お金がなかったので、大学の図書館にあるIELTSについての本をほぼ全部解きました。
 
 
 
特に、IELTSは過去問が販売されておらず、代わりに公式問題集があるのですが、とにかく高い...笑
大体5000円以上するので、私は買うことをせず、図書館で済ませていました!
 
中には、借りることができず、購入する本もありましたが、大体は図書館で借り、2週間以内に解き終えるよう努力しました。
 
 
 
 
よく、「努力しないで、楽に英語を勉強しよう!」といった本や、記事を見かけるのですが、私はそんなのは不可能であり、英語学習とは、「多くの努力と苦労の結果、点数が上がり、使えるようになるもの」と信じています。
 
楽に伸びる英語学習法があれば、ぜひ教えていただきたいものです...
 
 
とはいえ、IELTSの問題は、知らないことや、興味深い内容が多く含まれているので、私は読み物として、普通に楽しみながら勉強していました笑
 
大量のリーディング問題をこなすことで、「背景知識」が増え、英文自体が難しくても、そのストーリーに関連する事柄を知っていれば、解ける問題も増えていきます!
 
 
リーディングの「量」をこなすことは、様々なメリットがあります。
とにかくたくさん解いて、楽しみながら学んでいきましょう!
 
 
 
次のパートでは、教材をどのように使っていくかについて話していきます!
 
 

 2. 問題集の解き方・使い方

 

問題形式を理解し、教材を揃えられたら、次のステップは、さっそく問題を解いていきます!

 

問題集の使い方は、

①解く

②日本語訳を見て英文で分からなかった表現や、文について完全に理解する

③復習をする

 

です!

 

 

 

まず、①の解くことについてですが、文章は、「全部読み、問題文は読みながら見ていき」ます。

 

 

問題文は、「文章を読む前に先に読んだほうが良い派」の方も「文章を読んだ後に読んだほうが良い派」の方がいますが、個人的なオススメは、「文章を読み進めながら、問題文を見る」です!

 

 

IELTSの問題は、基本「文章の順番に並んでいる」ため、問題を1つ確認→その箇所まで文章を読み進めるというのが良いと思います!

 

 

また、よく文章の要点をとらえたり、必要な情報を特定するための、「スキミングやスキャニングをする」というアドバイスをよく見かけますが、個人的には、IELTSのリーディングには、「スキミングやスキャニング」は不要だと思います。

 

 

理由としては、IELTSのリーディングでは、'TRUE' (正しい) 'FALSE'(間違っている) 'NOT GIVEN(文章からにはその情報は与えられていない) から答えを選択する問題があるのですが、NOT GIVEN については、「見つけられない情報を特定することはできない」ため、文章全体を読む必要があります。

 

 

そのような小手先のテクニックを身に付けるよりは、シンプルに、リーディングスピードを上げる方が簡単だと思います!

 

私も実際に、全ての文を読み、時間を余らせることができていました。

 

 

 

問題を解き終えたら、解答と英文を照らし合わせ、書いてある文章を完全に理解します。

 

英文を見るだけで、どんな内容が書いてあるかを理解できるようになるまで、英文の意味を何度も確認します。

 

最後の復習のステップは、次のパートで詳しくご説明します!

 

 

 

 3. 復習の仕方

 

最後のステップは、復習の方法についてです!

正直、このステップが一番重要です。

 

 

復習の仕方は、

1⃣時間を測って3回英文黙読する

2⃣知らなかった表現を、単語帳の例文のところに追加する

です。

 

 

 

まず、3回の黙読についてですが、3回とも、時間を測って行います。

大体、1回目に3分かかったら、2回目は2分半、3回目は2分15秒 といったように、読むのにかかる時間が減っていくはずです。

 

 

これは、文章に出てきた知らない表現を繰り返し目にすることによる定着と、時間を意識することによる、リーディングスピードの向上を期待することができます。

 

知っている表現を身に付けていくことも、リーディングスピードに関連します。

 

 

 

最後に、知らなかった表現や単語を、ご自身の単語帳の関連する単語の例文のところに、その表現を含む「一文」として書き足します。

 

これは、単語帳に書いてある、文脈のない例文よりも、自分が読んだことのある、ストーリー性のある文脈の中で単語を覚えた方が定着しやすいからです。

 

 

使える・理解できる表現を増やすことで、リーディング以外の技能の向上にも役立つと考えられます!

 

 

 

 4. まとめ

今回は、IELTSのリーディングのバンドスコアアップのための勉強法をご紹介しました!

・具体的な学習方法は、①問題形式を理解して、量をこなす ②文章は全部読む ③時間を測りながら3回黙読し、知らない表現を単語帳に例文として写す です!
 
 
リーディング以外のIELTS対策についての記事も過去に書いていますので、是非こちらもご覧ください!
 
 
 
 
楽しい英語学習を!!